外貨預金記事一覧

外貨預金とその魅力について考えて見ます。外貨預金の魅力は、何と言ってもその高い金利でしょう。日本で金利の低さが問題になってから、もう随分と経ちますが、金利が上昇する気配は全くありません。普通預金の場合、低い金利に加えて、時間外取引や他の銀行との取引、休日取引などの手数料を考えると、銀行に預けるのも自宅に隠し持っておく、俗に言う「タンス預金」もあまり変わらないのでは、と思われるほどです。そこで海外に...

外貨預金は日本国内での預金に比較すると、金利が高いことが特徴で、大きな魅力でもあります。外貨預金の中でも特に金利が高いのが定期預金です。外貨による定期預金とは、預金をする際に、あらかじめ満期の期日を設定して決めておく預金で、今の日本の金融事情では、明らかに外貨預金の方が高金利が期待できると言っていいでしょう。もちろんリスクも伴います。外貨で定期預金を行う場合、その最大のリスクは為替の変動です。外貨...

外貨預金を現実的な問題として考えた時に、どこの銀行で、どんなタイプの外貨預金を、どこの国の通貨で預金するのかは慎重に検討しなければなりません。外貨預金と言っても外国の銀行に預金するわけではなく、日本の銀行に外貨を利用して預金をするのです。外貨預金を取り扱っている銀行は、大手のメガバンクや都市銀行などで、具体的には三菱東京ufj銀行や、みずほ銀行などです。各銀行によって金利や手数料が少しずつ違ってい...

外貨預金の金利は、国内預金の金利に比べると一般的に大きくなっています。この金利は同一のものではなく、外貨預金に選んだ通貨が流通している国の、政治情勢や経済状態によって異なって来ます。ではどのような経済状態の時に、金利はどのように変動するのかを見ていこうと思います。たとえば、経済状態が活発で好景気な上に、国としての成長が続くであろうと思われる国の場合が、その代表であると言えるでしょう。具体的にはイン...

外貨預金は銀行で行います。投資信託や株取引と違って、預金と言う名称が顧客に安心感を与えるためか、利用客は増える傾向にあります。外貨預金の中心となっている通貨はアメリカドル、次いでユーロですが、オーストラリアドル、カナダドルなどを扱っている銀行もあります。取り扱い通貨の種類は銀行によってそれぞれ違います。外貨預金をした場合、顧客の利益は金利と為替差益ですが、銀行側の利益は、外貨を預入時、払戻時に発生...

外貨預金は日本円と外貨を交換するため、取引の時に手数料がかかります。これは預け入れ、引き出し、ともに同じです。日本の円で預金をした場合と、外貨預金との大きな違いは、この取引の際の為替手数料です。預け入れはもちろん、満期で受け取る時、満期ではなくても途中解約で現金を引き出す際にも、この為替手数料はかかってきます。一般的にアメリカドルで取引をした時には、1ドルにつき往復2円の為替手数料がかかります。し...

日本を代表する大手銀行である三菱東京ufj銀行でも、もちろん外貨預金を扱っています。近年銀行が倒産すると言う、以前では考えられないような事態もいくつか起きていますが、三菱東京ufj銀行は、銀行としての信用格付がA+と言う評価を受けていますので、まず安心だと言えるでしょう。三菱東京ufj銀行では、外貨預金をした場合、預金の額や取引の金額によって、金利が違ってくる設定になっています。また金利ばかりでな...

外貨預金は現在の低金利にあえぐ円預金より、金利が高いことで、以前からの顧客以外にも、新規に取引をしようとする人も多く、注目されています。この外貨預金は、ほとんどの銀行で扱ってはいるのですが、ここではソニー銀行について見て行こうと思います。ソニー銀行はインターネットバンクです。インターネットを使っての取引ですから、店舗を持っていないのです。そのため人件費や、施設維持費などが不要で、コストを抑えること...