ソニー銀行の外貨預金

外貨預金は現在の低金利にあえぐ円預金より、金利が高いことで、以前からの顧客以外にも、新規に取引をしようとする人も多く、注目されています。
この外貨預金は、ほとんどの銀行で扱ってはいるのですが、ここではソニー銀行について見て行こうと思います。
ソニー銀行はインターネットバンクです。
インターネットを使っての取引ですから、店舗を持っていないのです。
そのため人件費や、施設維持費などが不要で、コストを抑えることが可能です。
その分を他の銀行の外貨預金よりも為替手数料の引き下げに反映することができるのです。
具体的に例を上げるとアメリカドルの場合、一般的には1ドルにつき往復2円の為替手数料が必要なのですが、ソニー銀行の場合、片道25銭、往復でも1円かからないのです。
オーストラリアドルの場合はもっと顕著で、往復4〜5円かかるところがほとんどなのですが、ソニー銀行は往復で1円ですみます。
金利が高く設定されていても、為替手数料を差し引くと利益はほとんどないのに等しい、と言うケースは避けられることが多く、それがソニー銀行の外貨預金の大きなメリットであると言えるでしょう。
メリットは為替手数料ばかりではありません。
多くの銀行が為替レートの変動を1日1回のみ確定しているのですが、ソニー銀行では動き続ける為替相場にできるだけ早く対応する為に、市場のレートが約10銭変動した段階で取引レートを見直しています。
もちろん24時間取引可能なのですが、夜中や外出中に為替レートが変動した場合の対応策として、就寝前や外出前に、あらかじめ取引したい為替レートの指定を行い、そのレートになった瞬間に自動的に取引をする、と言う「指値注文」を導入しています。
株の取引ではよく知られたこの方法を取り入れているのも、ソニー銀行の外貨預金の大きな特徴です。
注意するポイントとして1ドルにつき10銭の指値手数料がかかると言うことでしょう。
従って「指値注文」は本当に必要な時のみ利用するようにしましょう。

関連ページ

外貨預金とその魅力
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。
定期の外貨預金
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。
外貨預金の比較
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。
外貨預金の金利
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。
外貨預金の銀行
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。
外貨預金の手数料
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。
UFJの外貨預金
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。