債権投資記事一覧

債券投資というのは、もともと企業や国、地方公共団体などが公共施設や設備投資などのために、資金を調達する目的で発行される債券を、個人が購入することを言います。債券には、個人向けの国債とユーロやマルク、米ドルなどの外貨建てで発券されるものがあります。銀行やゆうちょ銀行などの定期預金でお金を預けるよりも、債券投資をする方が、満期になった時にたくさんのお金が手元に入ってくる場合があるので、債券投資をします...

株式投資は、企業の成長のために資金を提供することです。株式は、平日なら毎日取引されていて、午前は前場と言って9時から11時まで、午後は後場と言って12時半から3時までが、取引時間となっています。その時間にはいつでも売買することができます。売買時に手数料がかかってきますが、株式投資をしたときの値段から売る時の値段までの利益、つまり、キャピタルゲインを目的に株式投資をします。ただし、株式投資は株価が元...

債券投資リスクには、いくつかのリスクが存在します。それは、信用リスクと言って、受け取り時に元本が割れてしまったり、最初に約束されていた利子が支払われなかったりすることです。債券投資リスクの中には、中途でお金が必要になった時、売却できない場合があるということです。また、債券の償還前に発行体が予定の運用ができなくなってしまったりすることもあります。そして、償還前に売る場合などにはよくあるのですが、元本...

債券投資の期間には、かなりいろいろな種類があります。つまり、満期がすぐに来るものもあれば、10年もの長い期間まであります。そんな中で、利率の高いものは、たいてい償還期限の長いものであるといえます。それは、長い期間であれば、安全でより有効に債券を利用して投資できるからです。問題は、債券投資にかけるお金を、どのくらいの期間、預けておけるかということです。4年後に子供の受験費用や入学費用などのお金が必要...

債券投資をする場合、債券には、個人向け国債や新株予約権付き社債券などがありますが、一般に証券会社などの金融機関で発売されている債券については、五つの特徴があります。債券投資の特徴の一つ目は、満期を迎えた債券は必ず額面の金額が手元に戻ります。ここが株式投資や投資信託などと大きく違うところです。二つ目は、債券には満期までの償還期限が決められています。そこで、それぞれの債券に決められた時期に利息を受け取...

債券投資をする場合には、市場金利の動向が大きく影響することになります。市場金利が高い時には、債券の価格は下がり、反対に市場金利が安い時には、債券の価格は上がります。それは、市場金利が高い時には金融機関の預金に預けるので、人々はそれほど債券に対する魅力を感じないのです。また、市場金利が低い場合には、人は何とかしてうまく資金を増やそうとするので、債券投資をします。そこで、債券に人気が集まり、債券の価格...

債券投資の方法には、新しく発券された債券を購入する方法とすでに発行済みの債券を購入する方法があります。また、債券を保有している期間についても、満期まで債券を持ち続けるか、それとも中途売却するかといった方法があります。こうした債券投資の方法についての注意点は、日本証券業協会の証券教育広報センターで学ぶことができます。ここでは、債券投資についての出版業務や、セミナーが開催されているので参加するとよいで...

世の中の国際化は、次第に進みつつありますが、世界各国の通貨の金利は、その時々で国によって違ってきます。証券会社の中には、インドネシア、トルコ、メキシコ、コロンビア、ブラジル、ハンガリーなどの先進国通貨を組み入れた債券や、特に成長しつつある国の通貨債券などを発売しているところがあります。こうした通貨債券を購入するには、証券会社のサイトで情報を入手するのが良いでしょう。外国の通貨債券は、リスクは高くな...