スキャルピング記事一覧

スキャルピングトレードは、デイトレードと良く似た投資の手法ですね。けれど、スキャルピングの場合、1日に何度でも短い取引を繰り返します。つまり、1回の取引における利幅をデイトレードよりも少なくし、利益を積み重ねていく手法なのです。一般的には、スプレッドを差し引いたリミットの幅の目安として、+5pips前後だと言われています。たったこれだけ?と思われる方もいらっしゃると思いますが、スキャルピングの場合...

スキャルピングの場合、一瞬で売買が成立してしまうケースが殆どです。つまり、それだけ、サーバーに対する負荷も大きなものとなってしまいますね。そこで重要となってくるのが、業者のサーバー力です。一日に何度も取引を繰り返すスキャルピングトレードにおいて、そう頻繁にサーバーがダウンされてしまっては困りますよね。また、サーバーの強度が強いと言う事は、約定能力が高い事にも関係してきます。例えば、リーマンショック...

スキャルピングとは、短時間で利益を積み重ねる方法。つまり、通常のトレード手法とは異なり、数pipsの小さな利幅を積み重ねて利益を上げていかなければなりません。そこで重要となってくるのが、スプレッドです。スプレッドは売値と買値の価格差ですが、この値は業者が自由に設定出来る仕組みになっています。要は、このスプレッドが業者の手数料的な意味合いにもなりますので、この値が小さければ小さい程、トレーダーにとっ...

スキャルピングトレードで利益を上げる為のコツに、スリッページを起こさせない事も挙げられます。スリッページはスプレッドと異なり、値が決まっていません。ここが重要です。もしかすると成り行きで注文した場合、利益幅以上のスリッページが発生してしまい、損をしてしまう可能性もあるのです。それが、売りと買いで2回も発生してしまうと、僅か数銭〜数十銭の値幅を繰り返して利益とするスキャルピングにとっては大問題ですね...

投資を行う際の代表的な分析法には、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析がありますね。テクニカル分析とは、過去の価格や時間などのデータを元にして、これからの相場を予測する手法。そして、ファンダメンタルズ分析は、現在の政治や経済の状況から今後マーケットがどのように動くのかを予測する手法です。一瞬で取引が終了してしまうスキャルピングトレードでは、スピードが命ですね。そう言った事からも、分析してから結果...

値段が変動するほんのちょっとのタイミングを狙って、僅かな時間でトレードを終了するスキャルピングにおいて、約定力はもっとも重要なポイントとなってきます。何故ならば、絶好の売買チャンスだと判断し、タイミングを見極めて発注したにもかかわらず、結局、約定していなかったら、あなたは一体どう思いますか?僅かな利益を狙って、一日に何度も売買を繰り返すのがスキャルピングです。それなのに、頻繁に約定しないケースが発...