【スキャルピングのコツ】1回の利幅は薄く狙う?

スキャルピングトレードは、デイトレードと良く似た投資の手法ですね。
けれど、スキャルピングの場合、1日に何度でも短い取引を繰り返します。
つまり、1回の取引における利幅をデイトレードよりも少なくし、利益を積み重ねていく手法なのです。
一般的には、スプレッドを差し引いたリミットの幅の目安として、+5pips前後だと言われています。
たったこれだけ?
と思われる方もいらっしゃると思いますが、スキャルピングの場合、欲を出してはいけません。
一瞬で取引が終了してしまう事もあるのが、スキャルピングです。
あんまり欲を出していると、せっかくの利益獲得のチャンスを逃がす事になってしまいます。
いくら利幅が薄くても、結局は負けなければ良いだけの話です。
数pipsの欲を出したばかりに、予想外の動きになってしまうケースは相場においては多々発生します。
1日に何度でもトレードのチャンスは巡ってくるのですから、上手く利益が出たのならば、例え1pipsであっても利益確定を行う場合もあるくらいです。
また、スキャルピングの場合、リミット幅と同じようにストップ幅も重要となってきます。
数pips前後で利益を確定するのに、ストップを数十pipsで設定していれば、1回のストップで全ての利益が吹っ飛んでしまう事になります。
1回の取引の利幅を薄くして利益を積み重ねて行くスキャルピングでは、損切りの場合でも出来るだけ幅を狭く設定し、損失を小さくさせる事も大切です。

関連ページ

【スキャルピングのコツ】サーバーが強いところを選ぶ必要がある?
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。
【スキャルピングのコツ】スプレッドが重要?
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。
【スキャルピングのコツ】スリッページしないことが重要?
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。
【スキャルピングのコツ】テクニカル分析の方が向いている?
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。
【スキャルピングのコツ】約定力が重要?
投資に興味があり、始めてみたいと思った際に、株とFX、どちらを始めるとよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ここではそれぞれの魅力や経済について説明しているので、しっかり勉強して投資を始める前の参考にしましょう。